30代で観るべき映画ベスト10選

30代で観るべき映画ベスト
20代の頃は、「スター・ウォーズ」「インディ・ジョーンズ」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」など、夢と希望に満ちた映画をたくさん観たのではないでしょうか。しかし、新たな視点や知識を得るために、30代で観るべき名作があるのです。スクリーンに込められたメッセージを通して、初心を思い出させてくれるものもあれば、大人の男とは何かを教えてくれるものもある。観た後に少し大人になれる作品もあれば、大人の男とは何かを教えてくれる作品もあります。これらの作品を抜きにして、”映画好き “を語ることはできないだろう。
1.ゴッドファーザー (1972年)
フランシス・フォード・コッポラ監督、上映時間177分(1作品)の映画史に残る名作。1972年に公開されたマーロン・ブランドとアル・パチーノ主演のマフィア映画の名作です。この映画の魅力は、シチリア・マフィアの雰囲気とコルレオーネ一家の犯罪にある。組織化された犯罪一家の盛衰を描いた物語だが、その根底にあるのは家族、忠誠心、裏切りなどの物語である。家族の価値観と個人的な関係の複雑さを示す、壮大な物語である。
2.ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ (1984)
1984年に公開されたセルジオ・レオーネ監督による犯罪映画の名作で、上映時間は227分(4作品)です。犯罪映画という枠をはるかに超えた、名作中の名作です。現実の失われた世代を映し出し、人の野心が道徳や人間の良識を超えたときに何が起こるかを探っている。ニューヨークという敵対的な環境で壊れていく幼少期の友情の物語は、最も感情的でありながら、忠誠と裏切りに関する深く感動的な物語のひとつである。歴史的な時間枠を正確にとらえ、実行した見事な作品である。
3.ディア・ハンター』(1978年)
1978年公開、上映時間183分(3作品)のマイケル・チミノ監督によるもうひとつの名作。ディア・ハンター』は、ベトナム戦争に出征した3人の友人を描いた迫力の戦争映画です。戦争の恐怖と混乱の中でも絆を保とうと奮闘する3人の男の友情と忠誠を描いた感動的な物語である。顔の見えない機械と思われがちな戦争に人間味を与え、戦争がもたらす永続的な影響について考えさせてくれる。この作品は、戦争を直接体験した人々の思いを正当に受け止めた、古典的な戦争物語である。
4.ビフォア・サンライズ (1995)
で公開された、恋愛映画です。
動画配信サービスのおすすめはここがいいかもしれない