【MLB】大谷翔平、6回7安打2失点の粘投も11勝目ならず 最速160キロで8奪三振、防御率2.69!?

ホームのマリナーズ戦で投手とDHが同時に登場
マリナーズ戦に先発したエンゼルスの大谷翔平(写真:ロイター)。
エンゼルス-マリナーズ(日本時間16日、アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平投手は16日、本拠地でのマリナーズ戦に先発し、6回7安打2失点で無敗となった。防御率は2.69、最速は99.8マイル(約160.6km/h)でした。
大谷翔平選手、遠目で見ていた… 大谷翔平、右翼ポール際への大飛球に「打たれないように」猛アピール。
 粘り強い投球が光った。初回2死からウィンカーに右翼へソロ弾を浴びせた。1-1で迎えた3回2死一、二塁でクロフォードに中前適時打を打たれ、勝ち越し点を奪われた。なかなかリズムに乗れませんでしたが、再び同点に追いついた5回、フランス、ウィンカー、ハニガーの上位打者を三者凡退に抑えます。6回には、2つの四球を与えながらも無失点に抑えた。6回を97球(ストライク67球)、8奪三振、1四球、7安打、2失点で完投。
 打席には、レッズから移籍してきた右腕カスティーヨと初対戦。初回に一死二塁、3回に無死三塁、5回に一死一塁でレフトフライに倒れ、2回に一死一、二塁となったが、3回に一死一、三塁でレフトフライに倒れた。
 前回登板の8月9日アスレチックス戦では6回4安打無失点で、10試合ぶりの2ケタ勝利をマークしていた。1918年のベーブ・ルース(当時レッドソックス)以来、104年ぶりに両リーグで2桁勝利と2桁本塁打を達成した投手となった。優勝は逃したものの、117イニングを投げる。メジャーで初めてシーズン投球規定である162イニングを達成する好投を見せた。

成長期の時期にきちんと栄養をとる

成長期の時期にきちんと栄養をとることは大事なのです。成長ホルモンの分泌量は、個人差が大きいですが、身長を伸ばすためには絶対に必要なことです。
特に大切な栄養素はタンパク質とアミノ酸です。
この二つの栄養素をバランスよく摂取する必要があります。
そして、この二つは同時にとることが大切で、1日に平均して800グラム以上取ることが理想的とされています。
たんぱく質は肉や魚などに多く含まれており、アミノ酸は卵黄に多く含まれているため、それらを毎日食べていればよいことになります。ただし、大豆製品には良質なたんぱく質が含まれているので、豆腐や納豆などで補うようにしましょう。
また、ビタミンCも重要になります。骨を作るためにはカルシウムが必要ですが、それだけではなく、筋肉を作ったり維持したりするにも必要となります。そのため、ビタミンCが不足すると、体の成長に障害が生じてしまう恐れがあるのです。そこで、野菜ジュースや果物を食べることをおすすめします。しかし、過剰摂取はよくないので、適量を守るようにしてくださいね。
それから、睡眠時間の確保も大事になってきます。寝不足になると、成長ホルモンの分泌量が減り、背が伸びないばかりか、肌荒れなどのトラブルが起きやすくなります。
夜更かしをしたり、ゲームに熱中したりしないように気をつけてくださいね。
サプリメントを利用するという手もある どうしても必要な栄養素があるなら、サプリを使ってみる方法もあります。手軽に利用できますから、ぜひ使ってみてください。
牛乳を飲んでいたら身長が低いまま? 小学生低学年の子供の場合、牛乳を飲むことによって身長が高くなるというイメージを持っている親御さんが多いようです。確かに、牛乳に含まれているカルシウムによって骨や歯の形成を助けることは事実でしょう。しかし、牛乳だけで全ての栄養素を補うことは難しいですし、何よりカロリーが高いです。それに、牛乳ばかりだと飽きてしまいますよね。そうなると、逆にストレスを感じて、それが成長を阻害することにもなりかねません。

ドクターセノビルの口コミ・評判