宅建士の仕事はキツイ?宅建士になるための最善の方法とは?

宅地建物取引士の資格を取得すると、不動産会社で3つの独占業務に従事することができるようになります。
これらの業務について、以下に簡単に説明します。
(1)契約前の重要事項説明
お客さまが住宅を借りたり買ったりする場合、宅地建物取引業者は契約書に記載されている重要事項の説明をしなければなりません。説明を受けずに契約した場合、宅地建物取引業者は罰金となります。
(2) 重要事項説明書(35条書面)への署名・捺印
上記で説明したように、重要事項説明書には、業者の記名・押印が必要である。業者の署名・捺印のない書類は無効である。
(3) 契約書への署名・捺印(第37条文書)
契約書には、登録した宅地建物取引業者の記名押印も必要である。
例えば、住宅に関する契約は、宅地建物取引業者がそれぞれ署名することになる。
通常の業務を行いながら専属で作業しなければならないので、大変な作業である。
しかし、その反面、会社にとっては非常にありがたいことである。
したがって、会社としては、この作業をしなくて済むのであれば、さほど問題はない。
不動産は非常に高価な商品である。
例えば家を買うということは、何年もかけてお金を払うということだから、お客さんの要求も厳しい。
些細なことでも文句を言うお客さんもいます。
そのようなお客さまに対して、不動産業者は適切な対応をし、納得のいく説明をしなければなりません。
クレーム対応に慣れるまでは、精神的にきついかもしれません。
お客様に対する真摯な態度が求められる仕事です。
不動産業界は仕事量が多いため、他の業界に比べて人の入れ替わりが激しいと言われています。
半年もしないうちに、仲の良かった同僚や先輩が全員いなくなったということも珍しくありません。
しかし、時代の流れもあり、どの業界も終身雇用を前提とした企業は少なくなってきています。
人の入れ替わりが激しいということは、転職のハードルが低くなってきているということでもあります。
宅建の資格を持っていれば、比較的簡単に就職できるはずです。
新しい職場も、「不動産業界は転職が早いのが当たり前」と言われるように、早期退職や転職に悪い印象を持つことはほとんどありません。
これは、宅地建物取引士の資格を持っている人ならではのメリットと言えるでしょう。
宅建士の資格取得には通信講座の活用が不可欠です。
おすすめの通信講座については現役の宅建士が下のページで比較解説中。
おすすめの宅建士通信講座を現役宅建士が徹底比較
ぜひ受講の参考にしてください。