ラベンダーを植える

ラベンダーは一年草?
ラベンダーは、シソ科ラベンダー属に属する多年草で、その印象的な香りから、とても人気のあるハーブです。花期は5月から7月で、多年草として数年間花を咲かせます。
ラベンダーは何月に咲くのですか?
В. ラベンダーの見ごろはいつですか?А. 通常、ラベンダーは早い品種では6月下旬から色づき始め、7月中旬から下旬にピークを迎える。
ラベンダーの効能は何ですか?
ラベンダーにはリラックス効果があり、イライラや不眠、頭痛、胃腸の不調を鎮めてくれます。また、抗菌作用もあるので、切り傷や虫刺されに役立つ万能ハーブです。
ラベンダーを植える時期は?
一般的に、植え付けに最適な時期は春、3月から4月にかけてです。しかし、早ければ秋に植え付け、移植することができる。関東南部などの温暖な地域で栽培する場合は、暑さが和らいだ初秋に定植し、春までに十分に発根させるとよいでしょう。大きめの鉢を用意し、底に鉢底石を敷き詰めます。
ラベンダーはどこに生息しているのか?
ラベンダー ラベンダーは地中海地方に分布し、フランス、イタリア、スペイン東部の高地に自生している。高さは30cmから1m以上にもなり、約100種が国内に持ち込まれていることが知られている。
ラベンダー 剪定をしないとどうなるのですか?
ラベンダーは、剪定をしないと弱ってしまい、最悪の場合枯れてしまう可能性が非常に高いハーブなのです。
ラベンダーは生命力の強い植物で、成長するにつれて枝が太くなり、花茎が伸びると考えられています。剪定をせず放置しておくと、枝葉が徐々に密になり、風通しが悪くなります。
ラベンダーの剪定 どこを剪定すればいい?
ラベンダーの剪定方法は、花が咲き終わった時点で茎ごとハサミで切るだけです。枝の剪定が面倒でも、花の切り戻しで十分ラベンダーの成長を促すことができます。
丁寧に剪定したい場合は、花茎の下部から新芽が出始めているところを探し、そのすぐ上でカットするとよいでしょう。