【MLB】大谷翔平、6回7安打2失点の粘投も11勝目ならず 最速160キロで8奪三振、防御率2.69!?

ホームのマリナーズ戦で投手とDHが同時に登場
マリナーズ戦に先発したエンゼルスの大谷翔平(写真:ロイター)。
エンゼルス-マリナーズ(日本時間16日、アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平投手は16日、本拠地でのマリナーズ戦に先発し、6回7安打2失点で無敗となった。防御率は2.69、最速は99.8マイル(約160.6km/h)でした。
大谷翔平選手、遠目で見ていた… 大谷翔平、右翼ポール際への大飛球に「打たれないように」猛アピール。
 粘り強い投球が光った。初回2死からウィンカーに右翼へソロ弾を浴びせた。1-1で迎えた3回2死一、二塁でクロフォードに中前適時打を打たれ、勝ち越し点を奪われた。なかなかリズムに乗れませんでしたが、再び同点に追いついた5回、フランス、ウィンカー、ハニガーの上位打者を三者凡退に抑えます。6回には、2つの四球を与えながらも無失点に抑えた。6回を97球(ストライク67球)、8奪三振、1四球、7安打、2失点で完投。
 打席には、レッズから移籍してきた右腕カスティーヨと初対戦。初回に一死二塁、3回に無死三塁、5回に一死一塁でレフトフライに倒れ、2回に一死一、二塁となったが、3回に一死一、三塁でレフトフライに倒れた。
 前回登板の8月9日アスレチックス戦では6回4安打無失点で、10試合ぶりの2ケタ勝利をマークしていた。1918年のベーブ・ルース(当時レッドソックス)以来、104年ぶりに両リーグで2桁勝利と2桁本塁打を達成した投手となった。優勝は逃したものの、117イニングを投げる。メジャーで初めてシーズン投球規定である162イニングを達成する好投を見せた。